初心者のための相続税情報サイト

アパートにかかる相続税

アパートにかかる相続税 アパートを建築している場合にも、その所有者が亡くなって相続が発生した場合には、土地・建物共に相続税の対象となります。
ですが同じ広さの土地で更地になっているケースを仮定して比較した場合、相続税の額は大幅に少なくなります。
その理由はアパートが建築されている場合、換金や分割が容易で無いという点が法律上の定めにも反映されていて、控除額や評価上の減価が大きくなる為です。
具体的にはまず、建物に関しては取得価格ではなしに固定資産税の評価額で課税対象額が決定されます。
これにより、課税対象額は凡そ取得価格の50~60%にまで減価します。
次に土地に関してですが、貸家建付地としての評価基準が適用されるので、土地評価額は更地の80%程度になります。
借地権割合に応じた減価も適用され、課税対象額は更に減少する事になります。
このように二重の要素が加わる事で、相続税評価額が大きく下がる事が想定出来る訳です。
安定した家賃収入が構築されている場合にはこれを相続税支払いに充てる事も可能なので、手元からの支払いは実質的に更に低減します。

マンションやアパートの相続税は相談することが大事

マンションやアパートの相続税は相談することが大事 一般的な相続であれば何も困ることはありませんが、個人がマンションやアパート等の不動産を所有していた場合、少々面倒なところがあります。
名義変更はもちろんのこと、税金の算出方法も異なるため、より複雑です。
そのため、不動産を所有していたのであれば、一度税理士に相続税のことで相談をすると良いです。
なぜなら税に関係のある専門的な知識を持つ、税理士ならば不動産の相続税について的確なアドバイスを貰うことができるからです。
基本的にそのアドバイス通りに手続き等を進めることができれば、大きなトラブルに巻き込まれることはないでしょう。
逆に大金を手にできる可能性もあるため、専門的な知識を持つ人間に頼るのがベストなんです。
相続はある日突然訪れるものです。
専門的な知識のない素人が自分の力でどうにかしようと思っても、それが逆効果になることも十分に考えられます。
なので、まずは相談をすることが重要なので、行動してみては如何でしょうか。

新着情報

◎2018/10/19

相続税評価額の算出方法
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「相続税 賃貸」
に関連するツイート
Twitter

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

TwitterFP3級情報局@相互@fp3kyujouhou

返信 リツイート 40分前

返信先:@katsuyatakasu ちなみに友人が親の遺産の土地に小さなビルを建てた。借金だから賃貸収入はすべて不動産屋へ返済。 生活水準はサラリーマンより低く切り詰め生活。それが30年以上も続く。 どこがブランド力だよ?w 次世代も相続税で半減する筈。公共施設は地価を安定させる。

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

相続税軽減対策 相続税評価は高くても現金を生まない不動産(市街化区域の農地など)は貸す(事業用定期借地など)、活用する(賃貸物件を建てる)、買い替える(収益物件など)事により評価減や収益性のアップを図る。 法人の設立により所得の分散や資産の移転を図る。

TwitterFP(ファイナンシャルプランナー)相談も紹介も♫相互フォロー大歓迎@FZpckKSapabN5au

返信 リツイート 12/16(日) 13:55

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正

今の市場にあるほとんどの居住向けの賃貸は、相続税対策で目先の借金のためだったり、サブリース前提で建築コストから利回りで逆算されて作られたものばかり。賃貸オーナーが負ける仕組みが出来上がっているのです。大手デベロッパーは賃貸業界のマーケティングなどしていません。 twitter.com/fudousanlove/s…

Twitter一級建築士大家さん@0Lqm7

返信 リツイート3 12/13(木) 21:32

RT @nohohondo: @fujitatakanori 消費税などが逆進性があったり、相続税に偏りがあり、富の再配分が上手くいっていないのは事実です。でも、老後の心配から共働きの会社員で賃貸住宅に住みつつ、大損するリスクを取って資産運用を行い、金融資産を5000万円~1億…

支店長レベルでは融資不可とされた、東京都区部の賃貸アパート建設が、なぜか次々と融資することになった謎。(賃貸建設も相続税の大大大増税の対策)。日本の住宅建設の1/6が東京圏の賃貸だったという異常。安倍内閣では異常な計画経済が進行した

Twitter緑のぴかお(トランプ革命天意説)@pikao

返信 リツイート 12/12(水) 14:01

相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。正か誤か。 【解答】正