初心者のための相続税情報サイト

アパートにかかる相続税

アパートにかかる相続税 アパートを建築している場合にも、その所有者が亡くなって相続が発生した場合には、土地・建物共に相続税の対象となります。
ですが同じ広さの土地で更地になっているケースを仮定して比較した場合、相続税の額は大幅に少なくなります。
その理由はアパートが建築されている場合、換金や分割が容易で無いという点が法律上の定めにも反映されていて、控除額や評価上の減価が大きくなる為です。
具体的にはまず、建物に関しては取得価格ではなしに固定資産税の評価額で課税対象額が決定されます。
これにより、課税対象額は凡そ取得価格の50~60%にまで減価します。
次に土地に関してですが、貸家建付地としての評価基準が適用されるので、土地評価額は更地の80%程度になります。
借地権割合に応じた減価も適用され、課税対象額は更に減少する事になります。
このように二重の要素が加わる事で、相続税評価額が大きく下がる事が想定出来る訳です。
安定した家賃収入が構築されている場合にはこれを相続税支払いに充てる事も可能なので、手元からの支払いは実質的に更に低減します。

マンションやアパートの相続税は相談することが大事

マンションやアパートの相続税は相談することが大事 一般的な相続であれば何も困ることはありませんが、個人がマンションやアパート等の不動産を所有していた場合、少々面倒なところがあります。
名義変更はもちろんのこと、税金の算出方法も異なるため、より複雑です。
そのため、不動産を所有していたのであれば、一度税理士に相続税のことで相談をすると良いです。
なぜなら税に関係のある専門的な知識を持つ、税理士ならば不動産の相続税について的確なアドバイスを貰うことができるからです。
基本的にそのアドバイス通りに手続き等を進めることができれば、大きなトラブルに巻き込まれることはないでしょう。
逆に大金を手にできる可能性もあるため、専門的な知識を持つ人間に頼るのがベストなんです。
相続はある日突然訪れるものです。
専門的な知識のない素人が自分の力でどうにかしようと思っても、それが逆効果になることも十分に考えられます。
なので、まずは相談をすることが重要なので、行動してみては如何でしょうか。

新着情報

◎2019/1/23

相続税と扶養控除の関係
の情報を更新しました。

◎2018/10/19

相続税評価額の算出方法
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「相続税 賃貸」
に関連するツイート
Twitter