初心者のための相続税情報サイト

相続税と医療費の関係

相続税と医療費の関係 人が亡くなると、入院していた医療機関から医療費の請求が来ることがあります。
当然、請求された費用は相続人の誰かが支払うことになりますが、この行為は本来亡くなった人が支払うべきである費用を相続人が代わりに支払ったとみなされるため、相続税の課税対象となる財産から控除することができます。
また、亡くなった人が生前に得ていた所得の金額によっては相続税だけでなく所得税の納税義務が生じることがありますが、死亡後に支払われた医療費については、先に述べた考え方から被相続人の所得について準確定申告を行う際には控除の対象とすることはできません。
一方で医療機関に費用を支払った相続人が所得税の申告を行う際には、一定の金額までを限度に所得から控除することが可能です。
この控除の適用を受けるには、税務署に申告を行う際に医療機関から交付された請求書や領収書を所得および税額の計算の根拠となる書類として提出しなければならないので、なくさないように保管しておきましょう。

相続税の申告に必要な印鑑証明書等の書類について

相続税の申告に必要な印鑑証明書等の書類について 相続税を申告したり、相続をするときには戸籍謄本等の書類を集める必要があります。
戸籍謄本と同じくらいの頻度で必要となるのが印鑑証明書です。
印鑑証明書は実印を登録してあると役所でもらえる書類になるのですが、相続税などの関係では、相続人全員の証明書が必要になるなど非常に使用頻度が高くなるものです。
書類に関してはコピーではなく原本が必要になるために、各種手続きを行うときには毎回取得して提出しなければなりません。
戸籍謄本以上に求められることが多いので、余裕をもって作っておくとよいかもしれません。
また基本的には証明書の有効期限は3か月になるので、相続税の手続きが難航して時間がかかってしまったときは、改めて提出を求められることもあります。
実印はシャチハタではない押し印のものならある程度の大きささえあれば登録することができます。
もしも登録をしていないなら、実印を作って登録することで書類を発行してもらえるようになります。

新着情報

◎2018/10/19

相続税評価額の算出方法
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「相続税 医療」
に関連するツイート
Twitter